読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コミュニティユースワーカー活動報告

NPO法人PIECESが運営するコミュニティーユースワーカーの活動報告ブログ

CYW自己紹介: 北山雄大

はじめまして、CYW1期の北山雄大と申します。
現在は大学3年生で英文科を専攻しています。

以下の文で①CYWプログラム参加のきっかけ、②CYWプログラムに参加しての感想、③これからどのような活動をしていきたいか、について記述させていただきたいと思います。


【①CYWプログラム参加のきっかけ】
大学2年生の頃からあるNPOで1年間ボランティアをさせてもらっていたのですが、そこでは自分の子どもたちとの関わりに限界を感じ、もっと他にやれることや自分がより成長できる場所があるのではないかと考えてそこを抜けて一ヶ月間探していた時にPIECESにであいました。
これまでのボランティアとは全く違う形で違う子たちが集まっていて自分が何か新しいものや価値を知るために飛び込んでみようと思ったのが最初のきっかけでした。

 

【②CYWプログラムに参加しての感想】
最初はまったく右も左も分からない状態でした。そんな中で衝撃的だったのは自分これまで話してきた子どもたちとはまた違う感覚になったことでした。自分から話しかけてもあれ?と思うことばかりでなかなか彼らと会話が長く話したりすることなくさらっと表面上で終わってしまうことがとても多かったです。
その後自分を知ってもらう機会や自分がその子たちとかかるように連れて仲良くなっていった印象が強いです。
仲良くなれるということと同時にこの子たちの可能性をもっともっと引き出せていけたらいいなと感じています。普段物静かな子でも好きなことに対して持っている情熱や知識は本当に強く尊敬できるほどです。その分彼ら彼女らから学ぶことがたくさんあり毎回毎回楽しく活動出来ています。
かかわっていく中で自分の強い部分や弱い部分もたくさん見えてきたのですが、
その関係性の中で何が自分にできるのか?という疑問はありますが彼らがやりたいことや一緒に話しながら何かをしていくことを大事にしながらやっていきたいと思います。

 

【③これからどのようなことをしていきたいか】
自分にできる事を一つずつやっていきたいとは考えてとは思っているのですが
具体的には
①まず対話から自分を知ってもらった上で関係性の構築・強いものにする
②子どもがやりたいことややりたいに対して一緒にアクションを起こし、共に伴走する
③イベント、プロジェクト等などを一緒に走り切る

まずはこの三つを目標にしながら自分に何が出来るのか?何をしていきたいのかを明確にしていきながら振り返った時にきちんと納得のできる活動を作り上げていきたいと思います。

 

CYW1期

北山雄大